安心安全の取り組み

JA佐賀の米・麦・大豆で取り組んでいる「安心・安全」の取り組みをご紹介します。

工場コンセプト

「より安全で安心な製品」を供給するために、安全・安心を確保します。

  1. 搬送装置・精米機などの各機器にコンタミ防止機能を持たせ管理できるようにしました。(一部エア搬送を含む)
  2. 販売管理システムとFAシステムを連携させることによって生産履歴を正確に短時間で管理しています。
  3. FAシステムの集中制御管理を活用してヒューマンエラーを防止しています。
  4. 食品精米工場としてゾーニング設計、各室の陰陽圧、サニタリー管理体制、作業導線を最重要課題として強化しました。
  5. これまでの経験を活かしつつ見直しを図って防虫、防鳥、防鼠対策の強化を行っています。
  6. 施設の清掃・点検等のメンテナンスが容易にできる環境をつくり、メンテナンス管理手法を導入しました。
  7. 入退場時の記録、持込み品のチェック、監視カメラの設置等食品防御対策に取り組んでいます。
  8. フレキシブルコンテナバック清掃機の導入によりフレコンバックの衛生管理を強化しました。
サニタリー

サニタリー

エアシャワー

エアシャワー

フレコン清掃機

フレコン清掃機

 

品質管理

安定した品質を実現

  1. 最新ユニット精米機の採用で小ロットでも対応可能になり、ロットサイズに左右されない精米品質が実現できます。
  2. 従来型精米機に比べて穀温の上昇が抑えられお米に優しい精米を可能にしました。
  3. 最新の高精度な光学式選別機で精米の選別を3回可能なラインにして異物除去性能を高めました。
  4. 最終工程に金属検出器・ウェイトチェッカーを設置しました。
  5. 品質検査室を建物の中央に設置し、各工程での検査をより充実させ製品品質管理を強化しました。
  6. 品質検査結果を産地・生産者へフィードバックすることでより良い品質の佐賀米生産に寄与します。
精米選別ユニット
精米選別ユニット
光選別機
光選別機